沿革

沿革

昭和47年 有限会社にのせ電子設立。社長に二瀬武博就任。
昭和48年 オムロン出雲(株)と取引開始。スイッチの組立を始める。
昭和51年 シャープ音響システム事業本部と取引開始。昭和59年までオーディオ製品のプリント板から組立を行う。
昭和56年 鳥取杉谷電機㈱との取引開始。(チューナー、モジュール、レーダー等)
昭和62年 (株)ユーシン広島との取引開始。(電装品の完成品等)
平成 2年 (株)島根富士通との取引開始。デスクトップパソコンのメインボードを生産開始。ノートパソコンのLCD組立、FDDユニットの組立など各種組立作業を行う。
平成 6年 チップマウンターを導入し、稼働開始。
平成 8年 テンパール工業向けプリント板の生産開始。(平成11年まで行う)
平成11年 島根三洋電機(株) LPH生産開始。
平成13年 (株)島根富士通内に三絡事業所を開設。(ノートパソコンの組立)
平成15年 三和電子(株)取引開始。
中予電器(株) FPC生産開始。 
ホシデン(株) 携帯用SDユニットFPC生産開始。
パナソニックフォト・ライティング久美浜(株)取引開始。
平成17年 (株)島根富士通 FPC実装開始。
平成20年 (株)カネヒロデンシ LED照明器具生産開始。
平成22年 パナソニックアソシエイツ滋賀㈱取引開始。